オメガ3亜麻仁油脂肪酸効果

 

不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸というのは青魚に含まれる油のことです。
最近の研究でオメガ3脂肪酸には様々な効果効能があることがわかりました。
抗炎症作用があるので、アトピーや花粉症などのアレルギーや喘息、それにガンの予防にもなります。

 

日本人は昔は魚をよく食べる人種でした。
それが食の欧米化で、大腸がんなどの欧米型のガンが増えてきたと言われます。
それは魚の摂取が不足してオメガ3脂肪酸が足りなくなっているからです。
そのため自己免疫が低くなって、現代んは様々な炎症型の病気にかかりやすくなっています。
青魚を日常的に食べるイヌイットは、あまりガンにはならないというのはそのためです。

 

オメガ3脂肪酸の効果効能はそれだけではありません。
リグナンという成分が入っているのですが、それは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをします。
エストロゲンはホルモンバランスを調整する役割がありますが、リグナンにも同様の働きがあります。

 

そのためオメガ3脂肪酸を摂取することで、リグナンも摂取できるので美肌効果が得られるのです。
若い女性に限らず更年期障害にも効果がありますし、不妊症の方にも効果を発揮します。

 

美肌を保つには血液がサラサラであることが大切です。
血液の流れが滞ると、老化を促進するからです。
肌荒れやシワやシミなどは、外的な刺激が主な原因ですが、血液がサラサラなら免疫力で克服できます。
ところが血液がドロドロだと血の流れが滞り、肌のくすみや毛穴の詰まりからくるニキビなどを引き起こします。

 

オメガ3脂肪酸は血液をサラサラにする油です。
そのため、血液の汚れからくる肌荒れにも高い効果を発揮するのです。

 

また高齢化社会になってくるとアルツハイマー病をはじめとする脳の老化を防ぐ、目の健康にも効果があるど、オメガ3脂肪酸には様々な効果効能があります。

 

全ての病気は免疫力の低下と炎症が原因とされています。
オメガ3脂肪酸にはその原因を取り除く働きがあるので、美容のため、健康のために、意識して摂取したい良質な油です。

 

 

詳細はここから

 

セレブアマニオイルはここから↓