亜麻仁油 妊婦妊娠中によい理由

 

現在婚期も出産も遅れて不妊に悩む女性はとても多いのです
まずは妊娠力をあげるために食生活を見直すことが大事です

 

妊娠力を上げるためにはよい油をとることです
いい資脂質は細胞膜が正常に生産されるため健康になり、生殖に関わるホルモンの分泌が整うため妊娠しやすくなるのです

 

あの永作博美さんも42歳で女の子を出産されましたが妊娠前も妊娠中も授乳中もずっと亜麻仁油をとっていたそうですよ♪
亜麻仁油で胎教をしていたそうです
妊娠の最後の時期から出産後は子供の脳は大量の必須脂肪酸を必要とするので良質の亜麻仁油をお母さんが摂ることで、子供の脳によいそうです

 

 

悪い油は、血流が悪くなり卵巣や子宮にも充分な酸素や栄養素がいかずに妊娠力が低下するので避けましょう

 

妊娠にはオメガ3が必要でこれを摂るにはαリノレン酸を豊富に含む亜麻仁油が一番です

妊娠中に何を食べれば良いのでしょうか?

 

大切な細胞を守る細胞膜や細胞に栄養を運ぶ血液は脂質で作られます。
この脂質をオメガ3でとればよいのです

 

細胞を作るすべての栄養は母親の摂った食事なので妊婦さんなら食事を大事にしましょう
生野菜、果物、ミネラル、ビタミンなど酵素w取れば一生健康でいられます
芽玄米や雑穀、芋類。ゴマや海草きのこなどをとりましょう

 

そしてオメガ3が豊富な亜麻仁油をとることです

 

亜麻仁油の原料となる亜麻の実には、植物エストロゲンである抗酸化物質のリグナンが含まれ、食物繊維もごぼうの5倍も含まれているのです。
亜麻仁油はリグナンが豊富で、リグナンとはエストロゲンという女性ホルモンの役割をします。

 

妊娠中は女性ホルモンが乱れますので、リグナンを摂ると正常に働きますから妊婦さんは必須です

 

授乳中もおいしいミルクを出すためにアマニユをとるといいですよ!

 

 

おすすめの亜麻仁油はここから

 

 

セレブアマニオイルはここから↓