亜麻仁油で便秘はよくなるのか?

ダイエットをすると便秘になった経験がありませんか。ダイエットをするときは、食事から脂質を減らすと思います。脂質は1gあたり9kcalとカロリーが高いので、脂質を減らすことで摂取カロリーが減ってやせやすくなります。

 

 

 

油の摂取量が減るのが便秘の原因です。油には便に適度な油分を与えて滑りやすくする働きがあります。脂油の摂取不足で便がパサパサになって出にくくなり便秘になります。

 

 

 

便秘解消には適度な油分が必要です。しかし、どんな油でもよいのではありません。体によい油、悪い油があり、体によい油を積極的に摂ることでお通じがよくなります。

 

 

 

脂肪酸には飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸があり、不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9に分けられます。オメガ3とオメガ6は必須脂肪酸で食事から摂取する必要があります。日本人はオメガ6の摂取が多いので、オメガ3を意識して摂りたいです。

 

 

 

オメガ3が豊富なのが亜麻仁油です。亜麻仁という実から搾油しています。オメガ3のαリノレン酸が豊富に含まれています。細胞膜や神経鞘の原料になる成分で、体が必要とするよい油です。

 

 

 

お通じがよくなる効果を期待するなら、1日大さじ1〜2杯の亜麻仁油を摂りましょう。熱に弱いので加熱料理には使わないでください。サラダや納豆にかけるとおいしいです。市販のドレッシングの代わりに使えば、添加物や塩分の摂取を抑えられます。

 

 

 

サラダなどにかけて食べれば食べやすいですが、高い便秘解消効果を得るならそのまま飲むのがおすすめです。食事と一緒に摂ると食べ物と混ざって吸収されて大腸に届かない可能性があります。空腹時に大量にそのまま飲むと胃腸が処理しきれずに大腸に届いて腸を活発にする働きがあります。

 

 

 

亜麻仁油はクセがないのでそのまま飲みやすいです。臭くて飲みにくいものは酸化している可能性があります。コールドプレス製法、遮光瓶に入っている、冷暗所で保管されているものを購入すれば、酸化度が低く飲みやすいです。

セレブアマニオイルはここから↓